“すき間猫”を消防隊が救出 ネズミ追い?体はまる

 英国でガレージの間に体がはまり動けなくなった猫が消防隊員らに救出されたと、英サン紙が報じた(The Sun 2007年9月1日)。


 ガレージの間から救出されたのは英国南部のハンプシャー州ディブデン・パーリューに住むマイケル・ハウさん(64)の飼い猫のバート(雄、14)。ガレージの間に入り込んだまま体がはまって動けなくなっているバートを、鳴き声を聞いたハウさんが発見し、消防に救助を要請。出動した消防隊員らがガレージの壁の一部を壊し、バートを救出したという。


 ガレージの間は10センチほど空いているが、前面は7、8センチほどに狭まっているとのこと。バートはネズミを追いかけてガレージの間に勢いよく駆け込み、狭くなっている部分に体がはまったものとみられている。

国際時事新聞 at 09:55 2007年09月04日
PR 「ファイナルファンタジーVII リメイク」 4月10日発売
PR 「機動戦士ガンダム バンディエラ VOL.01」 5月12日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化