米国で6歳児が起業

 米国で6歳児が事業を起こしたと、WCCOが報じた(WCCO 2005年7月14日)。


 事業を起こしたのはタイ・アレン君(6)。グリーティングカードとキャラメルを扱う「タイのスーパーショップ」という店を始めた。店はタイ君の就寝時間である夜8時までやっている。


 タイ君は事業を知らせるために名刺も持っており、店は順調とのことだ。


 事業で得たお金は使わず、寄付や将来の学資に充てるという。

国際時事新聞 at 18:30 2005年07月17日
PR 「ファイナルファンタジーXV DELUXE EDITION」 11月29日発売
PR 「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」 12月26日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化