重さ24kgの巨大な白いナマズ釣れる 米ミズーリ

 米国の男性が重さ24キロの巨大な白いナマズを釣り上げたと、米コロンビア・ミズーリアン紙が報じた(Columbia Missourian 2007年7月11日)。


 ナマズを釣り上げたのはジョン・ヤングさん。ミシシッピ川の支流、ミズーリ川で友人と釣りをしていたヤングさんは、重さが20キロ以上あるナマズを次々と釣り上げ、最後に重さ24キロの白いナマズを釣り上げた。


 このナマズは大きさもさることながら、体色が普通のナマズと異なり、全身が白い色をしている。先天的に色素が少ないアルビノとみられている。


 魚介類の専門家によると、アルビノの魚は目立つため外敵に襲われやすく、自然界でこれほど大きく成長するのは極めてまれとのことだ。


 白いナマズはテネシー州チャタヌーガにあるテネシー水族館で展示されることになっている。

国際時事新聞 at 22:19 2007年07月16日
PR 「ファイナルファンタジーVII リメイク」 4月10日発売
PR 「機動戦士ガンダム バンディエラ VOL.01」 5月12日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化