国家ブランド指数1位は米国、日本は7位

 市場調査会社GfKは「Anholt-GfK国家ブランド指数」の2016年の調査結果を発表した。この調査は世界50か国のブランド力を測定したもので、1位は昨年に引き続き米国だった。


 2位はドイツ、3位は英国で、昨年5位のカナダがフランス(5位)を抜いて4位に入った。日本は昨年の6位から7位に後退。代わってイタリアが6位に入った。


 分野別でみると、日本は「輸出」で2位に入ったものの、「統治」で14位、フレンドリーさや雇用したいかなどを尋ねた「人々」で13位と振るわなかった。

国際時事新聞 at 22:34 2016年12月10日
PR 「ファイナルファンタジーXV DELUXE EDITION」 11月29日発売
PR 「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」 12月26日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化