50年前のビールを砂漠で“発掘” 米国

 米カリフォルニア州の砂漠で50年前のビールが見つかったと、米WBIR-TVが報じた(WBIR-TV 2006年11月21日)。


 ビールが見つかったのはカリフォルニア州南部の砂漠地帯。古いビールの缶が砂の間にあるのをハイキングに訪れたジェフ・バーンズさんらが発見。周りを掘ったところビールの缶が次々と見つかったという。


 見つかったのはブリキの缶に入ったクアーズのビール。この場所では50年前に鉄道の脱線事故があり、脱線した車両にクアーズのビールが積まれていたことから、見つかったのはこの車両に積まれていたビールと考えられている。


 50年間にわたり砂漠という過酷な環境下にあったこのビール。中身がどうなっているのか気になるところだが、バーンズさんが缶を開けたところ、色は黒く、発酵したワインと土を混ぜたようなにおいがしたという。

国際時事新聞 at 23:54 2006年11月24日
PR 「モンスターハンターストーリーズ2 破滅の翼」 7月9日発売
PR 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」 7月16日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化