しゃっくりを止めるコップ、米国に登場

 米国の男性がしゃっくりを止めるコップを発明、販売し、話題となっている。


 しゃっくりを止めるコップを発明したのはペンシルベニア州のフィル・エーリンガー・ジュニアさん(42)。米国で特許を取得し、インターネット上で販売を始めた。


 コップはステンレスと黄銅でできており、水を入れると微弱な電流が発生。これがのどの神経を刺激し、しゃっくりを止めるのだという。


 エーリンガーさんはかつて妻のしゃっくりが止まらずに四苦八苦したことがあるとのこと。息を止めたりコップの反対側から水を飲むなどの方法を片っ端から試したもののうまくいかなかった経験から、しゃっくりを止めるコップを開発するにいたったという。


 コップの価格は24ドル97セント(約3000円)。すでに1000個以上が売れたという。



国際時事新聞 at 23:57 2006年10月03日
PR 「ファイナルファンタジーVII リメイク」 4月10日発売
PR 「機動戦士ガンダム バンディエラ VOL.01」 5月12日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。