駐車場所忘れた男性、7か月ぶりに車と“再会”

 英国で、駐車した場所を忘れた男性が7か月ぶりに車と“再会”したと、英サン紙が報じた(The Sun 2006年9月16日)。


 この男性はミルトンケインズに住むエリック・キングさん(57)。今年2月に車でサフォーク州ベリーセントエドマンズを訪れたキングさんは、通りに車を止めて徒歩で街の中心部へと向かったが、観光を終えたときにはどこに駐車したか忘れてしまっていた。


 4時間探し回ったものの車は見つからず、この日は仕方なく約100キロ離れた自宅までバスで帰った。


 その後もキングさんは車を探すために10回にわたりベリーセントエドマンズを訪れては歩き回ったが、ことごとく無駄足に終わった。


 ところが、ずっと駐車されたままになっている車を捨てられているものと思ったベリーセントエドマンズの住民から今月になって役所に届け出があり、これがキングさんのものと判明。連絡を受けたキングさんは7か月ぶりに車と“再会”を果たしたという。


 車はバッテリーがあがっていることを除けば損傷はなかったとのことだ。


 キングさんは今回の失敗に懲りたようで、「今後は見つけられる場所に駐車する」と話しているという。

国際時事新聞 at 23:05 2006年09月19日
PR 「ルルアのアトリエ アーランドの錬金術士4」 3月20日発売
PR 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN ヒストリア」 4月20日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化