人の顔そっくりの「人面木」話題に マレーシア

 マレーシアで、木の幹に人の顔そっくりの模様が現れ話題になっていると、マレーシア・スター紙が報じた(Malaysia Star 2006年9月12日)。


 この木はマレーシア北部のペナン州にある、高さ7.25メートルのビンロウの木。幹から伸び始めた葉が目や口のような形になり、人の顔そっくりに見える。


 木の所有者であるミア・マジッドさん(60)によると、“顔”がはっきりと現れたのは先週からだという。


 “顔”は葉の成長とともに少しずつ変化している。


 また、ニュー・ストレーツ・タイムズ紙の報道によれば、この木は「お化けの木(ゴースト・ツリー)」と呼ばれ、大きな話題となっているとのことだ(New Straits Times 2006年9月12日)。


 村には不思議な木を一目見ようと多くの人が詰め掛けており、見物人を相手に木の写真を1枚2リンギットで売る者も出ているという。



国際時事新聞 at 01:33 2006年09月15日
PR 「モンスターハンターストーリーズ2 破滅の翼」 7月9日発売
PR 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」 7月16日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。