拳銃の機内持ち込み、イラストもダメ? 英空港

 英国の空港で、拳銃のイラストが描かれたTシャツを着ていた男性が保安のためTシャツを裏返しに着るよう求められたと、英サン紙が報じた(The Sun 2006年9月11日)。


 この男性はスタッフォードシャー州リッチフィールドのデイブ・オズボーンさん(21)。米ニュージャージー州のニューアーク国際空港行きの旅客機に搭乗するため訪れたバーミンガム国際空港で、着ていたTシャツについて安全上の問題を理由に警備員から注意を受けた。


 Tシャツには2丁の拳銃のイラストが描かれていた。


 警備員は「Tシャツに描かれた拳銃のイラストが安全を脅かし、他の乗客をおびえさせる」とオズボーンさんに説明。オズボーンさんはTシャツを裏返しに着て旅客機に搭乗したという。


 Tシャツのイラストを問題視されたことについて、オズボーンさんは「警備に万全を期すことには賛成だがこの件は実にばかげている」と不満を口にした。


 これに対し空港側は10日夜になって非を認め、今回の警備員の行動は行き過ぎだったとして謝罪したという。



国際時事新聞 at 22:41 2006年09月14日
PR 「ファイナルファンタジーVII リメイク」 4月10日発売
PR 「機動戦士ガンダム バンディエラ VOL.01」 5月12日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。