「倭軍から独島を守れ!」 ネットゲームで「独島守護イベント」

 オンラインRPG「君主オンライン」を運営している韓国のNDOORSが同ゲーム内で「独島守護イベント」を開催すると、韓国のCNSnewsが10日報じた(CNSnews 2005年3月10日)。それによると、NDOORSは、島根県議会の「竹島の日」制定の動きや高野紀元駐韓大使の「竹島は歴史的にも法的にも日本の領土」との主張がなされるなか、竹島(韓国名・独島)が「韓国領であることを確認」しようという趣旨で企画したという。この「独島守護イベント」には、「君主オンライン」の「倭寇との戦争」で20人以上の「倭寇」を倒せば参加できる。


 「独島守護イベント」では、「倭寇」と「ハヤブネ部隊」とが口々に「独島は日本の領土」と叫びながら「独島守護碑」を壊すために「侵略」してくるが、「倭軍」を撃退すると彼らは「独島はやっぱり朝鮮の領土だ」と言いながら逃げていくという。このイベントで勝利すると、倒した「倭寇」の人数に応じた戦争褒賞金と経験値とが得られ、「倭将」を倒した場合は2倍、「ハヤブネ部隊」なら10倍の功績になる。


 イベントに参加するというあるプレーヤーは、「仮想ではあるが自分の手で直接倭寇をやっつけて独島を守り通すという思いでいっぱいだ」と話したという。


 竹島は日韓両国(および大韓民国を自国の領土と主張する朝鮮民主主義人民共和国)が領有権を主張しており、現在韓国が実効支配している。これに対し日本政府は、韓国の実効支配は「不法占拠」であるとの立場をとっている。


関連記事
竹島の値段は2700万円
竹島問題で過激画像氾濫 韓国

国際時事新聞 at 01:00 2005年03月11日
PR 「モンスターハンターストーリーズ2 破滅の翼」 7月9日発売
PR 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」 7月16日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化