長さ11.4cm、重さ163gの巨大な鶏卵産まれる

 英国で、生後6か月の雌鶏が、長さ11.4センチの巨大な卵を産んだと、英デイリー・メール紙が報じた(Daily Mail 2010年6月11日)。


 巨大な卵を産んだのは、イングランド東部のエセックス州で飼育されている、生後6か月の雌鶏。産まれた卵の長さは11.4センチで、重さは日本におけるMサイズの卵の約2.7倍にもなる163グラムだという。


 雌鶏を飼育する男性(64)によると、雌鶏には特別なことはしておらず、えさも一般的なものを与えているとのこと。男性は30年ほど鶏を飼育しているが、ここまで大きな卵が産まれたのは初めてとのことで、「これまでにも大きな卵が産まれることはあったが、今度の卵を見たときは仰天した」と話しているという。



国際時事新聞 at 21:56 2010年06月13日
PR 「モンスターハンターストーリーズ2 破滅の翼」 7月9日発売
PR 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」 7月16日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。