E.T.そっくりのテナガザル誕生 オーストリア

 宇宙人にそっくりなテナガザルの赤ちゃんがオーストリアの動物園で生まれ、話題になっていると、ヴィエナ・オンラインが報じた(Vienna Online 2009年9月25日)。


 話題を呼んでいるのはテナガザルの一種、シロテテナガザルの赤ちゃん。23日、ウイーンにあるシェーンブルン動物園で誕生した。


 赤ちゃんは肌がピンク色でしわが寄り、長い指を持っている。スティーブン・スピルバーグ監督の映画「E.T.」に登場する宇宙人にそっくりなため、飼育員からは「E.T.」と呼ばれているという。


 シロテテナガザルは中国やインドネシア、マレーシアなどの森林に生息するサル。森林伐採などで個体数が減少しており、絶滅が危惧されている。

国際時事新聞 at 22:34 2009年09月30日
PR 「モンスターハンターストーリーズ2 破滅の翼」 7月9日発売
PR 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」 7月16日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化