便秘の男性、金づちによる荒療治を試みて大失敗

 ルーマニアで、便秘の男性が金づちによる荒療治を試みて失敗し、手術するはめになったと、ルーマニアのリベルタテア紙が報じた(Libertatea 2009年7月22日)。


 荒療治に失敗したのは48歳の男性。便秘に悩まされていた男性は、苦痛を紛らわそうとお酒を飲んだ後、金づちを使って便秘を解消する荒療治を思いつき、実行した。


 男性はまず、金づちの頭の部分を肛門に挿入したが、奥に入り込み、取れなくなってしまった。そこで、今度はこの金づちを取り出すため、別の金づちを用意し、再び頭の部分を肛門に挿入したが、1つ目を取り出すどころか、これまた奥に入り込み、取れなくなってしまったとのことだ。


 結局、便秘解消どころか苦痛が増した男性は病院へ。検査の際に金づちの頭が2つも写ったエックス線写真を見た医師に驚かれつつも手術を受け、金づちは無事取り除かれたという。

国際時事新聞 at 21:28 2009年07月24日
PR 「ファイナルファンタジーXV DELUXE EDITION」 11月29日発売
PR 「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」 12月26日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化