ガンの“曲芸飛行”撮影 腹部を上にして飛ぶ

 英国で、ガンが体をひっくり返し、腹部を上にして飛ぶ様子が撮影されたと、英デイリー・テレグラフ紙が報じた(Daily Telegraph 2009年5月20日)。


 ガンの“曲芸飛行”を撮影したのは写真家のブライアン・マクファーレンさん。イングランド東部のノーフォーク州で、ハイイロガンが腹部を上にして飛ぶ様子をカメラに収めた。


 撮影されたハイイロガンは、羽を広げた状態で体をひっくり返して飛んでいる。足は上を向いているが、首をひねっているため頭部は逆さではなく、正常な視界を保っている。


 マクファーレンさんによると、当時は強い風が吹いていたとのことで、もともと普通に飛んでいたハイイロガンが強風を受け、速度を落とすために飛行中に体をひっくり返したとみられている。

国際時事新聞 at 21:47 2009年05月22日
PR 「ファイナルファンタジーXV DELUXE EDITION」 11月29日発売
PR 「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」 12月26日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化