1.2mの巨大ミズクラゲ、英国の浜辺で発見

 英国の浜辺に巨大なミズクラゲが打ち上げられているのが見つかったと、英デイリー・テレグラフ紙が報じた(Daily Telegraph 2009年5月11日)。


 ミズクラゲが見つかったのはイングランド南西部のデボン州。ブリストル海峡に面した浜辺に巨大なミズクラゲが打ち上げられているのが発見され、これを聞きつけた写真家のピーター・ステープルトンさんがその姿をカメラに収めた。


 通常のミズクラゲが30センチほどであるのに対し、今回見つかったのは1.21メートルにもなる巨大なもの。ミズクラゲの毒は弱く、人が刺されても大きな害はないが、ステープルトンさんはパニック防止を理由に、ミズクラゲが打ち上げられた正確な場所については秘密にしているという。

国際時事新聞 at 22:26 2009年05月13日
PR 「ファイナルファンタジーXV DELUXE EDITION」 11月29日発売
PR 「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」 12月26日発売
科学・IT
社会
暮らし・話題
文化